ママたちの「!」に応えます ベビーシッター・家事代行サービス

働くママたち 夢を持つママたち そして未来ある子どもたちのために 一般社団法人にこにこサポート

家庭をととのえること。 :: 2017/09/29(Fri)

毎日 にこサポ会員さまのお宅でお食事つくりに追われておりました(・。・;

夏休み中はいつもは静か~なおうちも こどもたちの声でにぎやか。お昼ごはんをつくっておやつをつくって。
こどもたちに話しかけながらする作業はとても楽しいものでした。

そして学校も始まり またし~んと静かな家でぽつんとするごはんつくりもちょっとさみしいなと感じていた時、毎日家事サポをご利用のにこサポ会員さまから「今度からお休みの日に一緒にご飯作りしていい?」とのお話がありました。

とっても嬉しくなっていろいろお話しすると、「お母さんの味」がないことが悲しいとおっしゃるのです。

それからは準備したりいろいろメニューを組み合わせてみたり

 楽しくて「どうしてこんなに嬉しいのかな・・」と考えてみたのです

にこサポを立ち上げたときには市の子育て支援課の方に「きさらさんは何がしたいの?」と聞かれることがありました 自分がしたいことではなく、必要なところに役立つお仕事がしたい。 そう答えていました(自分でもよくわかりませんでした)

ベビーシッター 家事サポート どこにでもあるサービスだけど、わたしが一番大切にしているものは何だろう?

家族が笑顔で健やかに過ごせるように 大切な子どもたちが育つ場所「家庭」を守るお手伝いをすること それをお仕事にしていきたい。

子育て支援 この言葉にずっと違和感を持ちながら それでもしているお仕事はそのカテゴリーに入るわけなのです。
でもわたしがしたいことは 簡単にいうと家族支援なのかもしれません。

大人だってスーパーマンではありません。いつも立派なお父さん、お母さんでいられるわけでもありません。
誰だって自分の家庭、家族をしっかりと守っていきたい きちんとしたい 理想をもちながらもそうできないこともあるのです。

それでも子どもたちが過ごす「家庭」というのは社会の基本単位 いつでもきちんと整え正しい生活習慣を覚えてもらう大切な場所なのです。

自分で母になり 家庭をきちんと整えていく 娘たちを育てていく それがわたしにはとっても難しかったこと どうして自分のお母さんのようにでいないんだろう?と責めたこと 子育てが少し落ち着いてもその悩みは忘れずに それを解決するための仕事づくりをしたいと考えてきました。

まだまだ足りないこと、改善できることがあるのだから、完成は程遠いんだけど ムンムン進んでいかなくちゃ。

そして、こどもたちが朝から夜までどこかに預けられるばかりではなく、家で過ごすことのできるような「子育て支援」がととのうよう努力していきたいなと思うのです。


スポンサーサイト
  1. にこにこサポートの日々つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ずいぶん ご無沙汰しておりました・・。 :: 2017/07/05(Wed)

4月にブログを更新したきり・・気が付いたら梅雨入り

あまりに書いていなかったため何人かのにこサポ会員さまからは「生きてるよね?」とお電話までいただき・・
何度かパソコンを開いたものの うっかりパスワードを忘れたり チリリンと急なシッターが入ったりと 何だかご心配おかけしました。

さてさて 下の写真は先月の東京出張の様子 加藤ゑみ子先生のおもてなし講座 今回はテーブルセッティングを学んできました。

他の参加者さまはみなさま、インテリアやデザインにお詳しく、もともとの知識の量が全くちがうわけで・・
わたしは初めて聞く言葉も沢山ありでちょっと難しく、各国それぞれのパターンまでは覚えられず・・トホホッ
出張2
それでもロブマイヤーにクリストフル素敵な食器にカトラリー 見ているだけで十分に楽しめる素敵な講座でした

にこサポ東京進出をめざすも、仙台でのお仕事に追われなかなか思うように進まない こんなときには少し目標を延ばしてもいいのかもしれない・・とちょっと立ち止まって考えてみたり。

シッターさんと各ご家庭との相性ももちろんあるのだけど、なるべく一定した質の高いサービスを提供できるということに少し取り組んでみたいなと

最近では2名体制でシッターに入るお仕事が増え、シッターさん同士が接点を持ち、色々な意見や希望を聞いて「ふむふむ なるほど・・」と考えさせられたのです。

にこサポをご利用する人も働くシッターさんたちも 今よりもっとよくしていくことをおざなりにせずに、わたしが担当する仕事も「丁寧に、的確に」愉しく 大切なことを忘れないで そしてそれを伝える努力をしなくちゃと気がつきました。

  1. にこにこサポートの日々つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
のり巻き&おむすび活動のご報告  :: 2017/04/08(Sat)

忘れないうちにブログでご紹介

毎日シッターと家事代行サービスに入っているわたし。春休みは自宅にいるお子さまのおひるご飯、塾のお弁当などもご依頼が多かったことがあり、色々考えたこと 取り組んでみたことをちょっと。

子どもたちも小学生にもなると食べる量が全然違う とくに男の子は学校から帰ってくるとおなかがとっても空いているのです。わたしの娘たちもおんなじ。学校から帰ってくると「おなかすいた~」が定番 ついつい目の前にあるコンビニに走りがちなのを阻止するためにいつも「おむすび」をにぎって仕事に行くようにしていました。

ちょっと時間に余裕がある時はむすめたちが大好きな韓国のり巻き(具は入っていたりなかったりだけど・・)を作っていました。

専業主婦だったころは、パンや肉まん、ピザまで手作りだったけど、今はそんな余裕はありません。おむすびが一番!!と言い聞かせ、せっせとにぎっているのです。

他のご家庭でもおやつに「おむすび」を広げたくてレパートリーを増やしたり。おむすびは酢をつけてにぎるとより安心なのです。
*食べるころにはお酢の香りはまったく気になりません

子どもたちが学校から帰って誰もいなくても、手作りの「おむすび」があるときっと寂しくないんじゃないかな~と自分が子どもの頃を思い出したり。わたしが大好きだったのはふりかけの「のりたま」を具にした細巻きでした

皆さまも是非 おやつに「おむすび」試してみてくださいね





  1. にこにこサポートの日々つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
にこサポ ケータリング事業  :: 2017/04/08(Sat)

またまたしばらくご無沙汰しておりました

あっという間に桜の季節 3月、4月はにこサポ会員さまのお引っ越し(悲しい~)新規のご入会でとってもバタバタしておりました。

そのような中、お別れ、ウエルカム、上司のご挨拶をかねたお招きなどなどお家にお客さまをご招待しておもてなしがあるので、その準備を手伝って!!とのオーダーが多くその対応をしておりました。

にこサポの家事代行サービスからのスピンオフ的事業なのだけど、ご依頼とあらば頑張らなくっちゃということでお料理本を買いに走り今流行しているメニュー作りをご予算にあわせムンムン試作したり試食したり

momoeさんのケータリング本もとっても参考になりました 新学期が始まりお弁当生活がはじまる方には是非おすすめ♪

どの会員さまも「野菜たっぷりの健康メニュー&お子さまが喜ぶもの」がご希望だったのでちょうどよい機会だったしラディッシュボーヤやオイシックスなど野菜の宅配を注文していろんな野菜を取り寄せてみました 
ケールサラダ
簡単でいいな~と感じたのがオイシックスのケールのサラダセット本当に切って盛るだけの簡単サラダ

仙台市内のスーパーでも材料はそろうしわたしたちが買い付けるのは秋保のアグリエの森 カラフルなニンジンやサラダ大根、ラディッシュや種類豊富な葉物野菜 色々そろいフードコートも充実♪ついでに足湯まで入れるオススメスポット

休日 のんびりお出かけしながら野菜の買い出しはとっても気分転換になるのです。楽しみながら今のお仕事をしっかりと事業化するために、準備や申請など整えていかなくちゃ。

仙台でベビーシッターを広げていきたい そう考えて始めたお仕事も今年で7年目 各ご家庭に入りながらまだまだわたしたちの足りないところ、求められているものにようやく気が付き脆弱な組織を見直すきっかけにもなりました。

東京に進出する目的もきっと叶えたい それでも今年はグレーだった部分をしっかりとクリアーにしていくことを目標として進んでいきたいなと思うのです。

  1. にこにこサポートの日々つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
カフェでぐりぐら活動 本日の野菜ランチプレート♪ :: 2017/02/22(Wed)

今日は午後からぽかっとお休みになってしまい、にこサポの調理場で人気のケータリング「momoe」さんの本から気になる「つくりおき」レシピを何点か作ってみました。

下がわかなちゃんのお皿 上がわたしのお皿 色々センスが分かれるところでもあるのです。野菜の切り方盛り付け 
お料理研究家さんのインスタグラムできれいな写真をみるたびにすご~い!!と思うものの自分ではなかなか上手く撮れない・・
野菜ランチ
盛り付けはいまいちだけど、味はピカ一(本当です) 

今回のヒット作はヤングコーンのピクルスに牛ゴボウ(わかなちゃん作)豚バラのバルサミコ煮(わたし作) ズッキーニのナムルも美味しかったけど今が旬のお野菜ではないのかな?ちょっと小ぶり

これから春を迎えるにあたり野菜と貝が美味しくなる季節 今から楽しみ

久しぶりにゆっくりごはんを食べながらお互いの仕事について話し合う・・(本当はミヤネ屋をみながらよもやま話)

これからは「愉しい」を仕事に活かしていけたらいいな。苦手だと思っていたお料理もおいしいものを食べたい、健康も美容も気になる!!がきっかけでいろんなことを教えてもらったし出来るようにもなってきたんだもんね。

先週ちょっと図書館に行く用事があってお料理コーナーの本をみていたら「家庭画報」のお料理本を発見!!とても古くて重い本なんだけど懐かしいお料理が沢山掲載してありました。

今は便利なグッズもあるし、調理された素材が簡単に手に入る時代。40年前のお母さんたちはお料理に時間をかけていたんだな~と改めて関心してしまいました。

お父さんのメニューと子どものメニューも違っていたし小さなテーブルいっぱいにちょこちょこいろんなお料理が出されていたもんね。昔の食器はいちいち蓋がついていたりしてワンプレートでどど~んと食事を出すわたしとは何かがとっても違っているのでしょう。

 丁寧に下ごしらえし時間をかけてゆっくり家族のためにお料理する 昔はお台所はリビングから少し離れていたのでお母さんの姿は見えないんだけど、美味しい音やにおいを感じながらテレビを見てゴロゴロするのは幸せだったな

時短クッキングは今のわたしには欠かせない調理法 それでもあえてゆっくり時間をかける食事作りもたま~にはいいなと思うのです。

  1. にこにこサポートの日々つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ